*

パソコン

圧縮した元金

民事再生という選択は住宅のローンを含めて複数の債務に困っている方を対象に住んでいるマンションを維持したまま金銭面で再生するための手段として平成12年11月に利用できるようになった解決策です。

 

この制度には、破産とは違い免責不許可となる要素がありませんので、散財などで借金ができたようなときでも申請は問題ありませんし破産申告をすれば業務禁止になってしまうポストで働いているような方でも手続きができます。

破産手続きではマイホームを手元に残すことは不可能ですし、任意整理と特定調停では、圧縮した元金を戻していく必要がありますので住宅ローンなども払いながら返していくのは現実問題として簡単なことではないでしょう。

 

ですが、民事再生という処理を採用できれば、住宅のローンのほかの借入は十分な圧縮することができますのである程度余裕に住宅ローンを返済しつつそのほかの借入金を払い続けるようなことができるということです。

 

しかしながら、民事再生は任意整理による手続きや特定調停と違ってある部分だけの負債だけを除いて手続きすることは不可能ですし破産申告のように借り入れ金自体がなくなってしまうということでもありません。

 

さらには、そのほかの解決策に比べ若干簡単には進まず時間が必要ですので住宅のためのローンを組んでいてマイホームを維持したい状況等を除外して破産等他の解決策がない場合の最後に考える手段と判断しておくのがいいでしょう。

http://uaoigegj77v.hatenablog.com/

 


初めての投資

FX投資初めての方がマーケットの重要なところを見つけるには、第一に取引経験を積んでいく事が不可欠です。

 

とりわけ、先にピンチを感づくようにするようになるには、ミスを重ねる事も大切です。

 

無論、失敗するといっても重大な負けをする事は論外です。

 

やり直しが効くケアレスミスを何回か重ねる事が結果としてあなたの経験値を高めてくれるはずだ。

 

そう考えるとまず最初は少ない資金で売り買いをしてそれによって数度小さめの失敗をすることを推奨します。

 

一例として、100万円しか投資に回すお金のない状態で、100万円を全部投じて売り買いすると失敗した時永久に立ち上がれなくなってしまう可能性があります。

 

そのため、仮に1割ずつ分けて注文して売買を体験した方がミスを補う手法なども覚えるはずです。

 

最初は少額でエントリーする事の長所は、先ほど書いたように、自分自身の体験を増やしマイナスを制御する方法を覚える事にありますが、それと合わせて、トレードの回数を繰り返してリスクを少なくできるという価値もあります。

 

たとえば、1回のトレードで儲けられる可能性が二分の一だとします。

 

言い換えると、同じ確率でマイナスになる可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の割合で利益が上げられる事を示しています。

 

だがしかし、全部の資金を使って1回だけの売買をするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

 

それはただの賭けと同じです。

http://ameblo.jp/iaefehu87fe/

つまり、全ての財産を投じて1度だけしか売買しないと損失が生じる確率が高くなります。

 

だから、投資するお金を1度に全部投じるのではなく、何回もに分けて投資経験を積む事がリスクコントロールとなります。

 

ただいくつかに分けたとしても、全ての注文で勝つ事は必須ではありません。

 

全部は勝てないのが実際のところです。

 

重要なのは勝ち負けの回数ではなく、どれほど稼ぐかです。

 

勝率5割でも或いは勝率5割以下でもプラスにする事は出来ます。

負ける確率が高くても損益が少しであれば、少ない勝利のプラスの大きさでかなり利益を上げられます。

 

そのためには、損失を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

 

マイナスになったら間髪を入れずロスカット注文して、反対に利益を上げられる時は上手に儲けることが、外為取引の経験の浅い方が外国為替証拠金取引で勝利するための極意です。