*

配偶者ビザが下りずに冷や汗をかいたお話

配偶者ビザをいつものように申請したら、不許可となり、慌てて行政書士さんのところへ行きました。配偶者ビザが下りないので、もうどうしようもなかったのですが、再申請が可能とのことでしたので、お願いをして再申請をしました。非常にお金も高かったですが、でも昨日無事に許可されたので、ほっと一安心、行政書士の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。ちょうどお誕生日でしたので、妻に配偶者ビザをプレゼントできました。配偶者ビザは下りないとしゃれにならないのです。

タグ :


コメントする