*

圧縮した元金

民事再生という選択は住宅のローンを含めて複数の債務に困っている方を対象に住んでいるマンションを維持したまま金銭面で再生するための手段として平成12年11月に利用できるようになった解決策です。

 

この制度には、破産とは違い免責不許可となる要素がありませんので、散財などで借金ができたようなときでも申請は問題ありませんし破産申告をすれば業務禁止になってしまうポストで働いているような方でも手続きができます。

破産手続きではマイホームを手元に残すことは不可能ですし、任意整理と特定調停では、圧縮した元金を戻していく必要がありますので住宅ローンなども払いながら返していくのは現実問題として簡単なことではないでしょう。

 

ですが、民事再生という処理を採用できれば、住宅のローンのほかの借入は十分な圧縮することができますのである程度余裕に住宅ローンを返済しつつそのほかの借入金を払い続けるようなことができるということです。

 

しかしながら、民事再生は任意整理による手続きや特定調停と違ってある部分だけの負債だけを除いて手続きすることは不可能ですし破産申告のように借り入れ金自体がなくなってしまうということでもありません。

 

さらには、そのほかの解決策に比べ若干簡単には進まず時間が必要ですので住宅のためのローンを組んでいてマイホームを維持したい状況等を除外して破産等他の解決策がない場合の最後に考える手段と判断しておくのがいいでしょう。

http://uaoigegj77v.hatenablog.com/

 

次の記事も読んでね!!

  1. 圧縮した元金
  2. 初めての投資


コメントする