*

任意による整理

任意整理というものは普通債務の整理と言われ、各貸方に返済を継続していくことを前もって決めた債務整理の形なのです。

 

一般的な流れですが司法書士の資格者や弁護士が貸方と借り手との仲介をして相談し、利息を定めている法律に従い利息の再計算を実行して借りているお金の元金にかかってくる利息を減らす形で3年程度の期間内で返済を目指す借金整理対策です。

 

この場合は簡易裁判所等をはじめとする公の機関が処理することはないので他の選択と比べても、採用した場合におけるデメリットとなる点があまりなく方策そのものも借金をしている人にそんなに重荷にならないことから最初に比較検討してほしい手順ということになります。

 

くわえて、貸し手が消費者金融といったようなとても高い借入利息だった場合は、利息に関する法律で決まっている利息に加えて支払った金利はその元金に適用すると考え借金の元金を減らすことだって可能です。

 

なので、ヤミ金業者みたいなとても高い年利を取る業者に対して長い間返し続けている例だとある程度の利息分をカットできる可能性もありますし10年近く返しているケースなら元金自体がなくなることもあります。

 

任意による整理の良いところは破産手続きと違い一定のお金だけをまとめることになりますので、保証人が付く借入金を除いて処理する場合やマンションのローンを除き整理をしていく場合などにおいてでも活用することも良いですし、全ての資産を処分してしまう必要がないのでマイカーや戸建て住宅などの資産を持っているものの、放棄してしまいたくない場合にも有効な債務整理の方法といえるでしょう。

 

しかし、手続きを取った後の返済額と現実として可能な収入額を比較検討して、だいたい返済の目処が立てられるのであればこの手続きを取るほうが良いといえますが、破産手続きとは違い返済義務自体がなくなるという意味ではありませんので借金の総量が大きい状況の場合残念ながら任意整理にての手続きを実行するのは難しいと考えるのが無難でしょう。

旅人ランナーに日記



コメントする